• クリーニング”たたみ”

    ひとつひとつ心をこめて…

    自分の得意なことで社会をつくる…
    そんな思いをまちの皆さまとつなぎたい

  • しみ抜き

    いい志事をしよう!

    自分の得意なことで社会をつくる…
    そんな思いをまちの皆さまとつなぎたい

  • 成瀬での荷物の搬入

    思いっきり自分をのばそう!

    自分の得意なことで社会をつくる…
    そんな思いをまちの皆さまとつなぎたい

薬樹ウィルが目指す "あるべき姿"

薬樹ウィルのミッション

「障がいって何ですか?」
私たちはこの問いに対して明確に答えることができるでしょうか。

 様々な制度や仕組みに括られた社会の中で、あまり疑いももたずに受け入れている「標準=当たり前」との「境目=壁」は、一体、どこに存在するのでしょうか。

 誰もが一人では生きていけないように、誰もが強さと弱さを併せ持つように、社会の根本が「つながり」と「共生」であるならば、むしろ、「障がい」とは私たち自身の心の中に存在する「境目=壁」なのかも知れません。

「ウィル WILL」とは、自らの意思で未来を創造すること…

 私たちが能動的に心の中の壁を取り除いてこそ、「障がい」や「特例」のない世界を実現することができる。

それが薬樹ウィルのミッションです。

薬樹ウィル 氏田さんの作品

健康な人、健康な社会、健康な地球

「健康さんじゅうまる」の実現

「健康さんじゅうまる」は薬樹グループが掲げるブランド・ステートメントです。
「健康な人、健康な社会、健康な地球」そのすべての調和を"あるべき姿”としました。

中でも、「健康な社会:地球や人とのつながり、多様性の享受、公正なしくみ」の実現へ向け、具体的な社会課題として「障がい者雇用の推進と自立支援」を掲げました。この社会課題解決を推進・牽引するのが薬樹ウィルです。

超高齢化・少子化に象徴される「課題先進国・日本」において、薬局事業を通じて醸成された地域の皆さまとのつながりを起点に、地域が抱える様々な社会課題に対する感受性(Social Sensitivity)を高めていくことが求められています。

薬樹ウィルは、その一領域を担っているに過ぎません。

薬樹グループのみならず、志を重ねる広範なネットワークによって、ひとつでも多くの社会課題を解決へと導けるよう、更なる行動と協働が必要不可欠なのです。

薬樹ウィル株式会社
代表取締役
吉澤 靖博

事業内容紹介

大和事業所

クリーニング事業、

コピー用紙(A5版)裁断事業、他

大和事業所のオハナ
  • クリーニングサービス
  • 仕上がりチェック
  • しみ抜きの工程
  • 洗濯物を抱えるオハナ
  • コピー用紙を丁寧に梱包

成瀬事業所

社内物流支援事業、ICT支援事業、

顧客向けサービス支援事業、他

成瀬事業所のオハナ
  • お互い確認しながら作業をすすめる
  • 書類チェック
  • 事業エリア入口
  • 仕事に集中
  • 書類作成
野村大祐

撮影協力野村大祐

Nomura Daisuke

2001年4月 薬樹株式会社入社

健ナビ薬樹薬局人形町ストアマネジャー

2016年中央区観光写真コンクール特選